記事

サイテーションとは?リンクのないクチコミや言及のSEO効果

サイテーションとは、外部のサイトから、自社名やブランド名やウェブサイト名、自分の個人名などが言及を受けることをいいます。信頼できる有力なニュースサイトに掲載されるようなことも、人々の間でクチコミが広がることもサイテーションです。リンクの重要性が下がっている中、SEOにとって特に重要度が上がってきている概念です。

→ 続きを読む

SEOにおけるエンティティとは? 意味と対応方法

検索の文脈におけるエンティティとは、人物や概念も含めた現実世界の物事のことをいいます。現在のウェブ検索では、検索クエリの理解や検索結果に表示するウェブページの評価でエンティティが大きな役割を果たしています。この記事では、エンティティとは何で、どう実装されているのかということから、SEOに取り組む立場からエンティティにどう対応すべきかについて解説します。

→ 続きを読む

WordPressは様々なフィードを自動で出力しますが、それらがGooglebotに発見され、サーチコンソールの「クロール済み – インデックス未登録」に表示されることがあります。このままではインデックスレポートの見通しが悪くなってしまいますが、X-Robots-Tag でnoindexを指定する方法でこの状況を改善できます。

→ 続きを読む

WordpressのRobots APIを使用した不要ページのnoindex指定

WordPress 5.7から導入されたRobots APIを使用して不要なページにnoindexを指定する方法を解説します。WordPressは検索エンジンにインデックスさせる必要のないページを大量に生成しますが、それらのインデックスを制御することで、クロールバジェットを節約し、低品質ページがインデックスされることを防ぎます。

→ 続きを読む

SEOでホームページからの問い合わせを増やす方法

SEOでホームページからのお問い合わせを増やす最も簡単な方法は、ロングテール・キーワードでSEO集客した訪問者を、問い合わせの獲得に特化したランディングページへと誘導する方法です。上位表示が容易なロングテール・キーワードを狙うことで、速く確実に結果を出すことができます。

→ 続きを読む

重複コンテンツとURLの正規化

重複コンテンツとは、複数のURLで同じコンテンツが返される状態をいいます。検索エンジンはそれらのURLを代表する正規URLを選択します。その選択にサイト運営者が介入することをURLの正規化と呼びます。URLの正規化を適切にすることで、分散した評価を正規URLに統合したり、クロールバジェットを節約することができます。

→ 続きを読む

オリジナルコンテンツの作り方

オリジナルコンテンツとは、他のコンテンツと違っていて、興味深く、特別な価値のあるコンテンツのことをいい、SEOで必須の要件です。現在のGoogleはすべてのページをインデックスすることはせず、他にない独自の価値を持つオリジナルコンテンツを優先してインデックスするからです。

→ 続きを読む

コンテンツSEO初心者がブログ1記事で問合せを増やす方法

ホームページに見込み客を集客して問い合わせを増やす方法として最も簡単で確実なのは「困りごとを解決した優良客の事例をコンテンツとして発信し、その優良客と同じことで困っている見込み客に見つけてもらう」というコンテンツSEOです。この方法はたった1記事から効果を出すことができますので、コンテンツSEO初心者の最初の一歩に最適です。

→ 続きを読む

トピッククラスター

トピッククラスターは、同じトピックを共有するページ群をひとまとまりのグループとして扱い、そのグループ全体で検索エンジンからの評価を高めていくSEO手法です。ひとまとまりのページ群を包括するページとしてピラーページと呼ばれる中核ページを持つことが、従来の投稿カテゴリや投稿タグによるグルーピングと異なっています。

→ 続きを読む

コンサルホーダイのサービス内容を一部改訂し、メディア事業者さんの参加を受け入れるようにしたほか、複数に分割していたグループをひとつにまとめました。これにより個々の参加者さんが得る情報量を倍増させることを狙っています。皆で切磋琢磨しながら前に進んでいくことを楽しみましょう。

→ 続きを読む

Googleは検索結果評価ガイドラインをはじめとする各種の公式ドキュメントの中で、トピックによっては経験、とりわけ個人の実体験を重視することを明言しています。生身の人間としての経験が、コンテンツに信頼性を与えるのです。個人ブログのSEOでは、コンテンツ制作者の実体験を軸にコンテンツを作成していくことが最大のポイントとなります。

→ 続きを読む

ECサイトのSEO

ECサイトのSEOでは、正確で詳細にわたる商品情報に加えて、上位表示のためには高い評判や人気が必要となります。通販系のトランザクショナルクエリの検索結果には、その分野における人気の高いショップから順にリストされるからです。この記事ではGoogle検索品質評価ガイドラインをもとに、ECサイトのSEOの方法を解説します。

→ 続きを読む

検索意図(検索インテント)とは? 分類とSEOでの考え方、調べ方

検索意図とは、ユーザーが入力した検索クエリ(検索キーワード)について、その検索クエリを入力した理由、またはその背後にある目的のことを言います。ユーザーの検索意図は、インフォメーショナル、トランザクショナル、コマーシャル、ローカル、ナビゲーショナルの5種類に分類できます。検索エンジンはニーズメットなページ(検索意図に合ったページ)を検索結果に返すため、検索意図の理解はSEOにとって最重要です。

→ 続きを読む

サイトとコンテンツ著者の評判(レピュテーション)向上とSEO

Google検索品質評価ガイドラインは、E-E-A-T(経験、専門性、権威性、信頼性)以上に多くの割合を割いて、ウェブサイトやコンテンツ著者の評判(レピュテーション)に言及しています。重要だと言われる著者情報は、著者にポジティブな評判があることが前提なのです。この記事では、ガイドラインに示された評判を掘り下げるとともに、それを構築・向上させてSEOに活かす方法を考察します。

→ 続きを読む

出典の明記でEEAT向上 - コンテンツの信頼性とSEO効果の確保

コンテンツの信頼性に言及する複数のガイドラインをあたれば、コンテンツでの主張の根拠となる出典を明記することが非常に重要であることがわかります。これはGoogleが重視するコンセプト「E-E-A-T」の向上にも欠かせません。本稿では、Wikipediaを例に、Googleの検索品質評価ガイドラインを含む各種のガイドラインを参照しながら、出典の明記がSEOに及ぼす影響について解説します。

→ 続きを読む

検索意図が充足する基準

検索者はキーワードを変えて検索しながら知識を形成していき「必要な情報はすでに十分に取得できた」と判断した時点で検索が終わります。検索意図を満たすコンテンツとはつまり、検索者にとって必要な情報が揃ったと確信でき、検索を終了できるコンテンツなのです。この記事では、情報探索行動における認知的停止規則を参照しつつ、検索意図を充足させるコンテンツを作成するヒントを提供します。

→ 続きを読む

XMLサイトマップでは正規URLだけを送信する

正規でないURLを含むXMLサイトマップを送信することは、Googleによる正規URLの評価を混乱させる原因となり、サイト運営者にとって大きな損失につながります。この記事では、カバレッジレポートがエラーだらけになっているサイトを対象に、XMLサイトマップの適切な取り扱いについて解説します。

→ 続きを読む

無料で依頼できる作業について

コンサルホーダイ参加者はほとんどの場合、技術的な作業については無料で依頼でき、住太陽が作業を実施します。社内の技術的なスキルが不足している参加者さんや、制作会社などの外部スタッフを持たない参加者さんに対応し、手間や費用の負荷を解消する無料サービスです。

→ 続きを読む

無料で使えるSEOツールの紹介

Googleが提供している各種サービスの中には、無料SEOツールとして便利に使えるものが多数あります。この記事では、筆者が実際に使っているツールをピックアップして、簡単な使い方のコツとともに紹介します。各ツールの豊富な機能をすべて使いこなさなくても、ポイントを押さえて利用することで正確で緻密なSEOが実施できます。

→ 続きを読む

引き算のデザイン、引き算のSEO

よく「デザインは引き算である」と言われます。不要または重要度の低い要素を削ぎ落とすことで、本来の主題や機能を際立たせることができる、といった意味合いです。これはデザインだけでなく、SEOも同様です。あなたのサイトのデザインとSEOは、そろそろ見直しの時期かもしれません。

→ 続きを読む

売れるLPを作るQUESTフォーミュラ

売れるランディングページの作り方を知って、確実に反応が得られる広告文を書きたい。それを実現するのが、この記事で紹介する QUESTフォーミュラ(QUESTの法則)です。これは海外はもとより、この日本においても、セールスレター制作やランディングページ制作に多大な革新をもたらした、いわば古典のような法則です。

→ 続きを読む

文章の体裁を整えて読みやすくわかりやすくする

文章で重要なのは中身であることは確かですが、体裁もまた重要です。ウェブ上で公開されている文章は作法を無視して書かれていることが多いため、ほんの少しの手間を加えるだけで、ずっとよくなる可能性を秘めています。この記事では、すでに書かれたコンテンツの体裁を整え、より読みやすく、理解しやすいものへとブラッシュアップしていく方法について説明します。

→ 続きを読む

低品質コンテンツを削除する

低品質コンテンツとは、検索ユーザーの役に立たないコンテンツをいいます。低品質コンテンツの存在は、ウェブサイトにとってSEOのマイナス要因です。低品質なコンテンツを削除または改善し、サイト内のすべてのコンテンツを高品質に保つことで、SEOの効果を最大にすることができます。この記事では主に中小企業を対象に、企業サイトのコンテンツの品質管理について解説します。

→ 続きを読む

クローラーとインデクサの制御 - 低価値のURLを除外するSEO

サイト運営者がクローラーとインデクサを制御する指示を出すことで、検索結果に表示されたとしても検索者に対してそれほど価値を提供しないページやファイルについて、あらかじめ検索結果に表示されることがないようにしておくことができます。これは検索者の体験を阻害しないようにするとともに、検索エンジンから低評価を受けないようにするための対策です。

→ 続きを読む

CVを獲得するサーチマーケティング・ファネル

検索マーケティングにおけるマーケティングファネル戦略は、見込み客が購買行動の段階ごとに必要とする情報をコンテンツとして発信する試みです。これによって、見込み客が必要としている情報を、必要とするときに、効率よく届けることが可能になります。SEOを中心としながら、他の集客手法を併用することで、さらに効果が高まります。

→ 続きを読む

GMOT - スマホ時代の購入意思決定モデル

PCやスマートフォン、タブレット端末などのインターネットに接続された端末が普及したことを受けて、人々が購買にいたる道程は大きく変化しました。下調べに使う情報ソースは多様になり、決定する場所や時間も変わりました。こうした背景をもとに生まれた新しい購買行動モデルを、GoogleはZMOT – Zero Moment of Truth と呼んでいます。

→ 続きを読む

SEO対策は日本語としておかしい。意味ない

日本語として「SEO対策」はおかしいのでは? また「SEO」と「SEO対策」はどう違うの? そんな疑問があるようです。結論から述べると「SEO対策」は辞書的には誤用ですが慣用的に使われており、「SEO」と「SEO対策」は同じものを指してます。個人的には強い違和感を覚える「SEO対策」という表現ですが、これについて考察した軽めの記事です。

→ 続きを読む

パラグラフ・ライティングによるSEO

コンテンツ制作において最も多く使われるHTMLタグであるpタグは “Paragraph” を略したものです。日本語の「段落」とは異なり、パラグラフには「1パラグラフに1トピック」という明確なルールがあります。ルールに沿うことで、読者と検索エンジンの両方にとって理解が容易な記事本文を作りやすくなり、SEOを効果的にします。

→ 続きを読む

SEOのメリットとSEOのデメリット

SEOは有効なマーケティング手法にもなり得ますが、数多くのデメリットを抱えており、決して万能というわけではありません。SEOのメリットとデメリットを理解し、慎重にデメリットを避けながら積極的にメリットを享受しましょう。そのためには、PVではなくターゲットに焦点を当てる必要があります。

→ 続きを読む

Googleペナルティを解除する方法

Googleのスパムに関するポリシーの運用には不可解なところが多く、悪意がなくてもポリシー違反とみなされることが多々あります。しかし不可解に思えるようなペナルティを受けたとしても、あまりにも悪質な行為を恒常的に行っているのでない限り、サイトの修正と再審査リクエストによって確実に復活できます。

→ 続きを読む

文章力を向上させる読書法

インターネットがこれほどまでに普及した今、それがメールであれブログであれ、ある程度まとまった量の文章を書くスキルの重要性は今までになく高まっていると言っていいでしょう。ことにWeb上では、書かない・書けない人は、存在を知られることすらないままに忘れ去られてしまいます。この記事では、書くスキルを身につける非常に簡単な方法をお伝えします。

→ 続きを読む

被リンクを増やす方法

被リンクの獲得はSEOにとって極めて重要な課題です。被リンクの質と量は、インデックスを深めランキングを高める効果があるためです。質の高い被リンクをより多く獲得するためには、有用で高品質なコンテンツを、そのテーマに関心を持った人々に届けることが基本です。この記事ではこれを戦略的に行い、被リンクを増やす方法を示します。

→ 続きを読む

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、検索ユーザーのニーズに合ったコンテンツを発信することで検索エンジンから集客するSEOの手法です。自社が専門とする領域で、見込み客の疑問や困りごとに対する答えとなるコンテンツを継続的に発信することで、検索エンジンから見込み客を集客します。この記事では、コンテンツSEOの概要と方法について解説します。

→ 続きを読む

アンカーテキストのSEO

アンカーテキスト(Anchor Text)またはリンクテキスト(Link Text)とは、ウェブページに設定されたリンクのテキストを指します。リンク先の内容を端的に説明する魅力的なアンカーテキストを内部リンクに使用することで、サイトのSEO効果を高めることができます。このページでは、アンカーテキストの種類と例、効果的な書き方を紹介します。

→ 続きを読む

コンテンツ企画とキーワード選定のSEO

コンテンツ企画とキーワード選定はSEOにおける最重要課題のひとつです。この記事では中小零細企業が運営する一般的な商用サイトに焦点をあて、潜在客が直面している課題や問題、悩みや困りごとについての詳細な情報と解決策を提供するコンテンツの企画と、そのキーワード選定について解説します。

→ 続きを読む

ユーザー行動のSEO - クリック率や直帰率、滞在時間による評価

ユーザー行動とは、実際のユーザーの行動(検索結果上でのインタラクションデータ)を検索結果の順位づけに用いるスコアリングアルゴリズムです。検索結果画面に表示されたURLの中から、ユーザーがどのURLにアクセスし、どのURLにアクセスしなかったか、検索結果画面に戻ってきたか、戻ってこなかったか、戻ってきたならそれはどの程度の時間を経過したあとだったかなどを追跡し、その後の検索結果に反映させます。

→ 続きを読む

内部リンク構造のSEO – 効果の高い設計方法と貼り方のコツ

内部リンクのSEO効果は、クロールとインデックスを促進し、ページ間の関連性を検索エンジンに伝え、リンクジュースを配分し、訪問者にとっては閲覧の上でのユーザーエクスペリエンスが向上することなどが組み合わさってもたらされます。階層構造を基本にしながら適切に設計された内部リンク構造を実装することにより、内部リンクのSEO効果を最大化できます。

→ 続きを読む

サイトテーマのSEO

サイトテーマ(またはテーマテクノロジー)とは、共通したテーマ性を持つWebサイトやそれらのつながりに高い評価を与えるスコアリングアルゴリズムです。類似のテーマに関連するキーワード群を含むページ間のリンク関係に着目し、内容に関連のあるページからの被リンクに強い重み付けをすることで、ある特定のテーマに特化した専門的なサイトやページを検索結果の上位にランキングすることができます。

→ 続きを読む

KISS原則(KISS主義)とSEO

KISS原則とは、Keep It Simple, Stupid の略語で「誰でもわかるくらい単純にせよ」という意味です。SEOにおいては、シンプルなデザイン、シンプルなサイトの構成、シンプルな文章、シンプルなHTMLコードで、ユーザーや検索エンジンに対するわかりやすさを向上させる取り組みを指します。スマートフォンなど小さな画面の端末が主流となりつつある昨今においては、より重要性の高まった概念と言えます。

→ 続きを読む

検索エンジンスパムとは

検索エンジン スパム(Search Engine Spam)についての解説。不正な方法でロボット型検索エンジンを攻略し、検索結果の上位を得ることを「検索エンジン スパム」といいます。こうした行為は、検索結果からの除外のようなペナルティを受ける可能性があるだけでなく、ウェブの汚染につながるため、絶対に避けなければなりません。

→ 続きを読む

クローラビリティとインデクサビリティのSEO

検索エンジンのロボットに対して、クロール性を確保する取り組みのことをクローラビリティの確保と呼び、インデックス性を確保する取り組みをインデクサビリティの確保と呼びます。クローラビリティとインデクサビリティの確保は、Webアクセシビリティ向上のための基本的な取り組みによって実現することができます。Webアクセシビリティへの対応はSEOへの対応でもあるのです。

→ 続きを読む