ユーザー行動

ユーザー行動とは、ユーザーとウェブサイトやサービスとの相互作用を示す用語です。ユーザーがどれくらいの時間サイトとインタラクションしたのか、どのコンポーネントがクリックされたのか、ユーザーがどのようにコンテンツをスクロールしたのか、サイト上の何ページが訪問されたのか、などといった追跡可能な指標が含まれます。

著者情報のSEO効果

著者情報に直接のSEO効果はありませんが、記事にバイラインや著者情報ボックスの形で著者情報を表示することで、読者に対して信頼性や説得力をアピールできます。また著者のプロフィールページを用意し、記事上の著者情報と合わせて構造化データをマークアップすることで、Googleが著者のエンティティを他と識別しやすくなり、著者がGoogleにとって既知の存在である場合にはSEO効果を期待できます。

→ 続きを読む

トピッククラスター

トピッククラスターは、同じトピックを共有するページ群をひとまとまりのグループとして扱い、そのグループ全体で検索エンジンからの評価を高めていくSEO手法です。ひとまとまりのページ群を包括するページとしてピラーページと呼ばれる中核ページを持つことが、従来の投稿カテゴリや投稿タグによるグルーピングと異なっています。

→ 続きを読む

検索意図が充足する基準

検索者はキーワードを変えて検索しながら知識を形成していき「必要な情報はすでに十分に取得できた」と判断した時点で検索が終わります。検索意図を満たすコンテンツとはつまり、検索者にとって必要な情報が揃ったと確信でき、検索を終了できるコンテンツなのです。この記事では、情報探索行動における認知的停止規則を参照しつつ、検索意図を充足させるコンテンツを作成するヒントを提供します。

→ 続きを読む

引き算のデザイン、引き算のSEO

よく「デザインは引き算である」と言われます。不要または重要度の低い要素を削ぎ落とすことで、本来の主題や機能を際立たせることができる、といった意味合いです。これはデザインだけでなく、SEOも同様です。あなたのサイトのデザインとSEOは、そろそろ見直しの時期かもしれません。

→ 続きを読む

アンカーテキストのSEO

アンカーテキスト(Anchor Text)またはリンクテキスト(Link Text)とは、ウェブページに設定されたリンクのテキストを指します。リンク先の内容を端的に説明する魅力的なアンカーテキストを内部リンクに使用することで、サイトのSEO効果を高めることができます。このページでは、アンカーテキストの種類と例、効果的な書き方を紹介します。

→ 続きを読む

ユーザー行動のSEO - クリック率や直帰率、滞在時間による評価

ユーザー行動とは、実際のユーザーの行動(検索結果上でのインタラクションデータ)を検索結果の順位づけに用いるスコアリングアルゴリズムです。検索結果画面に表示されたURLの中から、ユーザーがどのURLにアクセスし、どのURLにアクセスしなかったか、検索結果画面に戻ってきたか、戻ってこなかったか、戻ってきたならそれはどの程度の時間を経過したあとだったかなどを追跡し、その後の検索結果に反映させます。

→ 続きを読む

KISS原則(KISS主義)とSEO

KISS原則とは、Keep It Simple, Stupid の略語で「誰でもわかるくらい単純にせよ」という意味です。SEOにおいては、シンプルなデザイン、シンプルなサイトの構成、シンプルな文章、シンプルなHTMLコードで、ユーザーや検索エンジンに対するわかりやすさを向上させる取り組みを指します。スマートフォンなど小さな画面の端末が主流となりつつある昨今においては、より重要性の高まった概念と言えます。

→ 続きを読む