テクニカルSEO

テクニカルSEOとは、オンページSEOの一部であり、検索結果での順位を向上させるためにウェブサイトの技術的な側面を改善することを指します。検索エンジンにとって、クロールしやすく理解しやすくすることがテクニカルSEOの中心です。具体的には、サイト内のリンク構造を最適化したり、ページ内の論理的な構造を最適化したり、ページの読み込みを高速化することなどの技術的な最適化が含まれます。

ECサイトのSEO

通販系のトランザクショナルクエリの検索結果には、その分野における人気の高いショップから順にリストされます。このためECサイトのSEOでは、肯定的な評判と人気を得ていくことが要件となります。この記事では、それらの要件とその対応方法について、Google検索品質評価ガイドラインをもとに解説します。

→ 続きを読む

XMLサイトマップでは正規URLだけを送信する

正規でないURLを含むXMLサイトマップを送信することは、Googleによる正規URLの評価を混乱させる原因となり、サイト運営者にとって大きな損失につながります。この記事では、カバレッジレポートがエラーだらけになっているサイトを対象に、XMLサイトマップの適切な取り扱いについて解説します。

→ 続きを読む

引き算のデザイン、引き算のSEO

よく「デザインは引き算である」と言われます。不要または重要度の低い要素を削ぎ落とすことで、本来の主題や機能を際立たせることができる、といった意味合いです。これはデザインだけでなく、SEOも同様です。あなたのサイトのデザインとSEOは、そろそろ見直しの時期かもしれません。

→ 続きを読む

クローラーとインデクサの制御 - 低価値のURLを除外するSEO

サイト運営者がクローラーとインデクサを制御する指示を出すことで、検索結果に表示されたとしても検索者に対してそれほど価値を提供しないページやファイルについて、あらかじめ検索結果に表示されることがないようにしておくことができます。これは検索者の体験を阻害しないようにするとともに、検索エンジンから低評価を受けないようにするための対策です。

→ 続きを読む

Googleペナルティを解除する方法

Googleのスパムに関するポリシーの運用には不可解なところが多く、悪意がなくてもポリシー違反とみなされることが多々あります。しかし不可解に思えるようなペナルティを受けたとしても、あまりにも悪質な行為を恒常的に行っているのでない限り、サイトの修正と再審査リクエストによって確実に復活できます。

→ 続きを読む

自分でするSEOのやり方

ウェブサイトからの新規の問い合わせを増やしたい中小企業経営者が自分でSEO(検索エンジン最適化)を実施する方法と手順の総合的なガイドです。SEO初心者でも、予算がなくても、時間と労力さえかければ確実にSEOで上位表示できる方法を、できるだけ簡単に、わかりやすくお伝えします。

→ 続きを読む

ウェブデザインのSEO

サイトやページのコンテンツを読みやすく、わかりやすく、使いやすく、そして美しくすること、つまり良好なユーザーエクスペリエンスを提供することは、デザインが担う重要な役割であり、人間のユーザーに対して有効であるのと同様に、SEOにも有効に働きます。

→ 続きを読む

KISS原則(KISS主義)とSEO

KISSメソッドとは、Keep It Simple, Stupid の略語で「誰でもわかるくらい単純にせよ」という意味です。SEOにおいては、シンプルなデザイン、シンプルなサイトの構成、シンプルな文章、シンプルなHTMLコードで、ユーザーや検索エンジンに対するわかりやすさを向上させる取り組みを指します。スマートフォンなど小さな画面の端末が主流となりつつある昨今においては、より重要性の高まった概念と言えます。

→ 続きを読む

検索エンジンスパムとは

検索エンジン スパム(Search Engine Spam)についての解説。不正な方法でロボット型検索エンジンを攻略し、検索結果の上位を得ることを「検索エンジン スパム」といいます。こうした行為は、検索結果からの除外のようなペナルティを受ける可能性があるだけでなく、ウェブの汚染につながるため、絶対に避けなければなりません。

→ 続きを読む

クローラビリティとインデクサビリティのSEO

検索エンジンのロボットに対して、クロール性を確保する取り組みのことをクローラビリティの確保と呼び、インデックス性を確保する取り組みをインデクサビリティの確保と呼びます。クローラビリティとインデクサビリティの確保は、Webアクセシビリティ向上のための基本的な取り組みによって実現することができます。Webアクセシビリティへの対応はSEOへの対応でもあるのです。

→ 続きを読む